高校国語(現代国語)

100 点満点 ( 合格点 60 点 )

残り時間


テストを開始するには [テスト開始] ボタンを押してください。

問題表示

問題 1.

文章Ⅰに 物事をスパッと断定調で語る人は信用できません とあるが、
筆者が信用できないと考えているのはどのような点か。
その説明として最も適当なものを、次のア~エの中から一つ選びなさい。

ア 私たちを取り巻く社会や状況、出来事について、広い視野で眺めるのではなく、
  一部の要素だけに着目して判断を下している点。

イ 複雑な社会を生きていくことへの不安から、意見をまとめるにあたってものごとを深く考え、
  常にあらゆる状況を想定している点。

ウ 自分の考えと異なる意見の前では、正当性の裏付けにはなり得ない非常識とされる考えまでも
  取り入れて持論を展開している点。

エ 情報通信技術が普及したことにともない、
  ものの見方や考え方も効率的であるべきだという考えに支配されたまま話をしている点。

ア   イ   ウ   エ  

問題 2.

文章Ⅱに ずっと見たかったものを見に行く 見とかないかんから見に行く とあるが、
②、③と同じ性質を持つ行為を文章Ⅰから探し、
その組み合わせとして最も適当なものを、次のア~エの中から一つ選びなさい。

ア [②自分の主義主張にこだわらない  ③物事を深く考える]

イ [②情報を簡単に手に入れる ③たったひとりで考えを巡らす]

ウ [②自分の関心があることしかクリックしない ③古典を読む]

エ [②ケータイとパソコンの電源を切る ③少し難しめの本を読む」

ア   イ   ウ   エ  

問題 3.

文章Ⅱに ④上から鳥観する とあるが、
これと同じ意味になるように次の空欄に語句を補充しなさい。
ただし、空欄には文章Ⅰから三字を抜き出して書くこと。

答え: する。

問題 4.

文章Ⅱに 自分の無知の構造に目を向けた瞬間に教養が起動する とあるが、
その説明として最も適当なものを、次のア~エの中から一つ選びなさい。

ア 自分が知らなかった社会の細部に目を向けることによって、
  社会で果たすべき自分だけの役割を認識できるということ。

イ 自分の知らないことを意識することによって、
  より豊かな世界が目の前に広がっていくことに気づくということ。

ウ 今までは興味が持てず、むしろ遠ざけてきた分野の知識を活用することによって、
  仕事の処理能力を早められるということ。

エ 今まで自分が取り組んできた分野で新たな知識を得ることによって、
  自分の考えがまとめやすくなるということ。

ア   イ   ウ   エ  

お疲れ様でした。「採点」ボタンを押して採点してください。


結果: