高校国語(現代国語)

100 点満点 ( 合格点 60 点 )

残り時間


テストを開始するには [テスト開始] ボタンを押してください。

問題表示

問題 1.

文章中に他人に優しくされた の他にもう一箇所、
夏代が他人に優しくされたような気がした場面を表す一文がある。
その一文を傍線部Aより後の文章中から抜き出して、はじめの五字を書きなさい。

答え:

問題 2.

文章中の( B )に入る言葉として最も適当なものを、
次のア~エのうちから一つ選びなさい。

ア 電話をするよりも直接行ってお礼を言おう

イ お礼をするために美しい花を買って行こう

ウ 自分の喜びあふれる思いをだれかに話そう

エ 今の感謝の気持ちを電話で丁寧に伝えよう

ア   イ   ウ   エ  

問題 3.

文章中のほおずきを花束のように抱えながら 
という表現を説明したものとして最も適当なものを、
次のア~エのうちから一つ選びなさい。

ア 人の心の温かさや優しさがこもったほおずきの束を
  落とさないように抱える様子を表現している。

イ ほおずきの華やかさがお礼の気持ちを表すのに
  とてもふさわしいのだということを強調している。

ウ 明るい気持ちになり感謝の思いを伝えるために
  買ったほおずきを大切にする様子が表されている。

エ 心と心の触れ合いを象徴するほおずきの束によって
  明るい場面をとても効果的に描き出している。

ア   イ   ウ   エ  

問題 4.

文章中の唐突に冷たい涙が滝のように夏代の頬を流れ落ちた 
という部分の読み取りとして最も適当なものを、
次のア~エのうちから一つ選びなさい。

ア 老人に感謝の気持ちを伝えたかったがやっと会うことができ、
  その喜びで思いがけず涙が一気にあふれ出した。

イ 老人に直接お礼を言うことが照れくさくて、
  表現の仕方に戸惑ううちに思いがけず涙が勢いよくあふれ出した。

ウ 老人の優しい心遣いが胸にしみわたったことで自分の行動を振り返り、
  思いがけず涙が勢いよくあふれ出した。

エ 老人に心からお礼を言えたことで自分自身に対して素直な気持ちになり、
  思いがけず涙が一気にあふれ出した。

ア   イ   ウ   エ  

問題 5.

文章中に心も軽くなった とあるが、
この時の夏代についての説明として最も適当なものを、
次のア~エのうちから一つ選びなさい。

ア 夏の風に吹かれて今までの悩みや苦しみからのがれることができた。

イ 人の優しさに触れて自分を取り戻すきっかけをつかむことができた。

ウ 感謝の思いを人に伝えられない寂しさを走っていやすことができた。

エ 優しさを人に素直に伝えられないでいる愚かさを知ることができた。

ア   イ   ウ   エ  

お疲れ様でした。「採点」ボタンを押して採点してください。


結果: