本文へスキップ

インターネット学習 クラウド学習 高校受験 大学入試 英語検定 数学検定

名古屋市天白区焼山1-101

e-mail : info@cloudsemi.com


高校卒業認定試験対策

高卒認定の概要

  • 以下のホームページでもご確認ください。
    文部科学省 http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shiken/
  • 合格に必要な科目数は8(現代社会ではなく、倫理と政治・経済を選択した場合は9)
    ・一度に全部合格する必要はなく、合格した科目はずっと有効です。
    ・高校で取得した所定の単位があれば、科目免除を受けることが出来ます。
科目  科目数  内  容
国語  国語総合(現代文、古文、漢文):必須
地理・歴史   世界史A / 世界史B:(どちらか1科目必須)
 日本史A / 日本史B / 地理A / 地理B:(どれか1科目必須)
公民 1(2)  現代社会 / 倫理 / 政治・経済:
(現代社会1科目、または倫理と政治・経済の2科目のどれか必須)
数学  数学T:必須
理科  理科総合A・B / 物理T / 化学T / 生物T / 地学T:(どれか2科目必須)
外国語  英語:必須

試験日及び出願期間

  • 受験日 :8月初旬及び11月中旬、各2日の日程
  • 出願期間:5月中及び9月中、各約13日間

高卒認定試験の特徴

  • 国が高校卒業を認定する試験です。
  • 全日制高校在籍中でも受験が可能です。
  • 高校中退の単位を活かす事が可能です。
  • 全ての大学・短大・専門学校や各種国家試験等の受験が可能です。
  • 就職の際にも高卒同等として扱われます。
  • 16歳以上であれば誰でも受験可能です。

高卒認定を取得する目的として、以下の例があります。

  • 社会人で資格を取りたいが高卒以上が必要。
  • 不登校で大学には行きたいが高校には通うつもりはない。
  • 高校を留年したが同世代と同時に大学へ進学したい。
  • 家庭等の事情で高校に行けない環境にいる。
  • スポーツ活動等に時間を取られ、高校に行く時間がない。
    (スキージャンプの高梨沙羅さんは、16才で高認を取得されました。)

受講の流れ

  • 免除の科目があるかどうかをお聞きします。
  • 希望の曜日と時間をお聞きします。
  • 一人一人の状況に合ったカリキュラムを作成します。

受講方法

  • パソコンかタブレット(iPad等)で行います。
  • インターネットを使い、スカイプの音声通話機能で講義を行います。


受講科目  選択は自由です 
それぞれの分野でどの科目を選択するかは自由です。(自分の好きな科目を選択しましょう。)
どの科目から始めても自由です。(とっかかりやすい科目から始めましょう。)
高校で単位を取得した科目があれば免除されます。(出身校で確認をお願いします。)

受講時間  受講生の希望に合わせます 
一人一人個別の講義ですから、受講する曜日や時間は自由です。(土・日・祝日でもOKです。)
1回何時間にするかも自由です。(定期型でも集中型でもOKです。)
年2回の試験は自由に選択できます。(受講生の都合に合わせて、学習の計画を立てます。)

受講費用  テキスト代は必要です 
テキストは高認試験専門のテキストを使用します。(すでにお持ちの中学・高校の教科書でも構いません。)
授業料(科目数と時間数によって異なります。) 詳細は「入会案内」をご覧ください。