国語 活用のある付属語
  1. 残り時間が0になると、自動的に採点します。
  2. 時間内に終了する場合は、一番下の「採点する」のボタンを押してください。
残り時間:
No12 助動詞(性質と働き) 基本
問1 次の文中の下線部の助動詞の言い切りの形を書きなさい。

・山椒魚は、よくない性質を帯びてきたらしかった。

答え:
問2 次の文中の下線部の助動詞の言い切りの形を書きなさい。

・頭が出口につかえて外に出ることができなかった。

答え:
問3 次の文中の下線部の助動詞の言い切りの形を書きなさい。

・自分を感動さたものが何かを考えた。

答え:
問4 次の文中の下線部の助動詞の言い切りの形を書きなさい。

・差出人の名前がようやくのことで読めるくらいだった。

答え:
問5 次の文中の下線部の助動詞の言い切りの形を書きなさい。

・スケッチ帳が三冊、きりきり棒のように巻いてあった。

答え:
問6 次の文中の下線部の助動詞の言い切りの形を書きなさい。

・友人に、大切にしていたおもちゃを取り上げられた。

答え:
問7 次の文中の下線部の助動詞の言い切りの形を書きなさい。

・あす、雨が降ったら、読書をして過ごそう。

答え:
問8 次の文中に助動詞はいくつあるか。その数を英数字で書きなさい。

・北国は、大雪だったそうだよ。

答え:
問9 次の文中に助動詞はいくつあるか。その数を英数字で書きなさい。

・そんなに速く走らせたら、ころぶよ。

答え:
問10 次の文中に助動詞はいくつあるか。その数を英数字で書きなさい。

・彼のすることは、危険で、見ていられない。

答え: