国語 活用のない自立語
  1. 残り時間が0になると、自動的に採点します。
  2. 時間内に終了する場合は、一番下の「採点する」のボタンを押してください。
残り時間:
No5 代名詞・副詞 応用
問1 次の文の□の中に、かな一字ずつを入れて、意味の通る文にしなさい。

・いくら話し□□、わかってくれない。

答え:
問2 次の文の□の中に、かな一字ずつを入れて、意味の通る文にしなさい。

・まさか失敗するようなことはある□□。

答え:
問3 次の文の□の中に、かな一字ずつを入れて、意味の通る文にしなさい。

・私の気持ちは、決して変わら□□。

答え:
問4 次の文の□の中に、かな一字ずつを入れて、意味の通る文にしなさい。

・どうか、私にも知らせて□□□□。

答え:
問5 次の文の□の中に、かな一字ずつを入れて、意味の通る文にしなさい。

・さもおいし□□□、食べている。

答え:
問6 次の文の□の中に、かな一字ずつを入れて、意味の通る文にしなさい。

(例)かれも・ア

・星が、まるで宝石の□□□輝いている。

答え:
問7 次の文の□の中に、かな一字ずつを入れて、意味の通る文にしなさい。

・たぶん、実験は成功する□□□。

答え:
問8 次の文の□の中に、かな一字ずつを入れて、意味の通る文にしなさい。

・当日、もし雨が降っ□□、行かないよ。

答え:
問9 次の文の□の中に、かな一字ずつを入れて、意味の通る文にしなさい。

・雪道でしたので、さぞ歩きにくかった□□□□。

答え:
問10 次の文の□の中に、かな一字ずつを入れて、意味の通る文にしなさい。

・なぜ、そんな失敗をしたのです□。

答え: