国語 活用のある自立語(用言)
  1. 残り時間が0になると、自動的に採点します。
  2. 時間内に終了する場合は、一番下の「採点する」のボタンを押してください。
残り時間:
No9 動詞(カ変とサ変・活用の見分け方) 基本
問1 次の文中から、カ行変格活用の動詞を、そのままの形で抜き出して書きなさい。

・教室でもぼくは、英語を予習してこなかった生徒のようにそわそわと不安だった。

答え:
問2 次の文中から、サ行変格活用の動詞を、そのままの形で抜き出して書きなさい。

・教室でもぼくは、英語を予習してこなかった生徒のようにそわそわと不安だった。

答え:
問3 次の文中から、カ行変格活用の動詞を、そのままの形で抜き出して書きなさい。

・春と秋、神社のお祭りの日が来ると、あたりの様子は一変する。

答え:
問4 次の文中から、サ行変格活用の動詞を、そのままの形で抜き出して書きなさい。

・春と秋、神社のお祭りの日が来ると、あたりの様子は一変する。

答え:
問5 次の文中から、カ行変格活用の動詞を、そのままの形で抜き出して書きなさい。

・バスは上り坂にかかる。右に大きくカーブすると、突然視界が開けてきた。

答え:
問6 次の文中から、サ行変格活用の動詞を、そのままの形で抜き出して書きなさい。

・バスは上り坂にかかる。右に大きくカーブすると、突然視界が開けてきた。

答え:
問7 次の文中から、カ行変格活用の動詞を、そのままの形で抜き出して書きなさい。

・文明が進めばすすむほど、人間には、失った自然を取り戻そうとする要求が強くなってきた。

答え:
問8 次の文中から、サ行変格活用の動詞を、そのままの形で抜き出して書きなさい。

・文明が進めばすすむほど、人間には、失った自然を取り戻そうとする要求が強くなってきた。

答え:
問9 次の文中から、カ行変格活用の動詞を、そのままの形で抜き出して書きなさい。

・洪作は、だれかが自分を連れに来てくれるのであろうと思った。
 海面は、夕立のために見違えるほど生き生きとして、波立っていた。


答え:
問10 次の文中から、サ行変格活用の動詞を、そのままの形で抜き出して書きなさい。

・洪作は、だれかが自分を連れに来てくれるのであろうと思った。
 海面は、夕立のために見違えるほど生き生きとして、波立っていた。


答え: