中学 2年
  1. 残り時間が0になると、自動的に採点します。
  2. 時間内に終了する場合は、一番下の「採点する」のボタンを押してください。
残り時間:
No11 確率の意味 応用
問1 次の問いに答えなさい。

1から6までの目がある大小2つのさいころを同時に投げて,
大きいさいころの出た目の数をa,小さいさいころの出た目の数をbとする。
abの値が5の倍数となる確率を求めなさい。


答え:
(ア)  (イ)  (ウ) 
問2 次の問いに答えなさい。

1から6までの目のある赤と白の2個のさいころを同時に投げるとき,
赤のさいころと白のさいころの出る目の数をそれぞれabとする。
このとき,が整数になる確率を求めなさい。


答え:
(ア)  (イ)  (ウ) 
問3 次の問いに答えなさい。

500円硬貨と100円硬貨が1枚ずつある。この2枚を同時に投げるとき,
1
枚は表で1枚は裏となる確率を求めなさい。


答え:
(ア)  (イ)  (ウ) 
問4 次の問いに答えなさい。

1つのさいころを2回投げるとき,2回目に出た目の数が,
1回目に出た目の数の約数となる確率を求めなさい。


答え:
(ア)  (イ)  (ウ) 
問5 次の問いに答えなさい。

下図のように,A (1,0),B (4,0) をとります。
次に,1から6までの目が出るさいころを2回投げて,
1回目に出た目の数をa,2回目に出た目の数をbとして,
(a,b) を座標とする点Pをとります。


 

△ABPの面積がとなる確率を求めなさい。
ただし,座標軸の単位の長さを1 cmとします。


答え:
(ア)  (イ)  (ウ) 
問6 次の問いに答えなさい。

大小2つのさいころを同時に1回投げ,大きいさいころの出た目の数をa,
小さいさいころの出た目の数をbとする。


このとき,の値が整数となる確率を求めなさい。
ただし,さいころを投げるとき,1から6までのどの目が出ることも同様に
確からしいものとする。


答え:
(ア)  (イ)  (ウ) 
問7 次の問いに答えなさい。

大小2つのさいころを同時に投げるとき,大きいさいころの出た目の数をx,
小さいさいころの出た目の数をyとする。
が成り立つ確率を求めなさい。


答え:
(ア)  (イ)  (ウ) 
問8 次の問いに答えなさい。

大小2つのさいころを投げるとき,出た目の数の積が1けたの数となる確率を求めなさい。
ただし、2つのさいころはともに,どの目が出ることも同様に確からしいとする。


答え:
(ア)  (イ)  (ウ) 
問9 次の問いに答えなさい。

2つのさいころを同時に投げるとき,目の数の和が4の倍数となる確率を求めよ。
ただし,さいころ1から6の目の出かたは同様に確からしいとする。


答え:
(ア)  (イ)  (ウ) 
問10 次の問いに答えなさい。

袋の中に,1から5までの数字が1つずつ書かれた5個の玉が入っている。
この袋から玉を同時に3個取り出すとき,取り出した3個の玉に書かれた数の和が,
袋の中に残った2個の玉に書かれた数の積より小さくなる確率を求めなさい。


答え:
(ア)  (イ)  (ウ)