植物1年(一問一答式)

植物1年(根・茎・葉)  
 No 問題  解答ボタン 
  [蒸散]
   同じくらいの葉が同じくらいついている枝を試験管にさして,水の減り方を調べた。
   
 1 実験を行うとき,試験管の水の表面に油を入れておくが,これは何のためか。
 2 水が減るのは植物の何というはたらきによるものか。  
 3 問(2)のはたらきは葉の何というところで行われるか。  
 4 葉の表面にワセリンを塗るのは何のためか。  
 5 3時間後の水の減り方を正しく表しているのは次のどれか。
ア~エの記号で答えよ。

 A=B>C>D  A>C>B>D
 A=C>B>D  A>B>C>D
 
 6 蒸散量が葉の表と裏のどちらが多いかを調べるには,A~Cのどれとどれを比べたらよいか。  
 7 問(6)の2つの中では(  )のほうが水の減り方が多い。

これは葉の(  )側に(  )が多いためである。
 
 8  
 9  
  [蒸散]
   葉の数や大きさ,枝の太さなどをそろえたアジサイを用いて,下図のような装置A~Cをつくった。
Aは葉の表,Bは葉の裏,Cは葉の表と裏にワセリンをぬった。
2時間後に水の減少量を調べたら,表のような結果になった。
 10 実験の結果から,蒸散量についてわかることを,次のア~エから2つ選べ。

 葉の表からの蒸散量は枝からの蒸散量より少ない。
 葉の表からの蒸散量は枝からの蒸散量より多い。
 葉の表からの蒸散量は葉の裏からの蒸散量より多い。
 葉の裏からの蒸散量は葉の表からの蒸散量より多い。
 
 11 この実験と同じ条件のアジサイを用意し,ワセリンを塗らずに同じ実験を行うと,2時間後,水の減少量は何cm3になると考えられるか。  
 12 ほかの条件を同じにして,1つの条件だけかえて比較する実験のことを何実験というか。  
 13 葉から水が蒸発していることを調べる他の実験を簡単に答えよ。
蒸発量の多少は問わない。
蒸発しているかどうかだけわかればよいものとする。
 
  [葉・気孔]
   図1は緑色の葉の断面,図2は葉のある部分を顕微鏡で観察したようすである。
  
 14 図のDを何というか。  
 15 Dからは,根から吸収したある物質が気体になって出て行く。
何という気体か。
 
 16 図のEを何というか。  
 17 Cの部分は,葉のすじである。葉のすじは何とよばれるか。  
 18 図1に見られる,たくさんの小さな部屋のようなものを何というか。  
 19 問(18)の中に見られる緑色の粒を何というか。  
  [葉・気孔]
      
 20 気孔(a)から水蒸気が出ていくはたらきを何というか。  
 21 問(20)はどんなことに役立つか。  
 22 気孔(a)から出入りする水蒸気以外の気体を2つあげよ。  
 23 気孔(a)の開閉には,天気の様子が関係しているが,次のア~エの条件のうちで最もよく開くのはいつか。

 曇っていて,風がない日
 晴れた日で,風が吹いている日
 雨が降っている日
 風が強くふき,雨が降っている日
 
 24 夜間,気孔(a)はどのようになっているか。  
 25 孔辺細胞(b)は,ほかの細胞と形のちがう三日月形の細胞である。
この細胞には,葉緑体があるか。ないか。
 
  [葉・気孔]
   下の図は葉の断面図の一部分である。
   
 26 aの部分は何か。  
 27 aはおもに何を運んでいるか。  
 28 bの部分は何か。  
 29 bはおもに何を運んでいるか。  
 30 cの部分から植物の体内の水が水蒸気となって出ていく現象を何というか。  
 31 cは葉の表側と裏側でどちらが多いか。  
  [茎・根]
   下の図は茎の断面図である。
   
 32 aは何か。  
 33 bは何か。  
 34 根で吸収した水を運ぶ管は,abのどちらの管か。  
 35 赤インキで着色した水に茎をさしたとき,赤く色が染まるのはabか。  
 36 葉でつくった養分を運ぶ管は,abのどちらの管か。  
 37 abの管が集まっている部分を何というか。  
 38 根の先端にある多数の細い毛のようなものは何か。  
  [茎・根]
   下図は根の一部を拡大したものである。
    
 39 aは何か。  
 40 aから吸収された水などは図のbcのどちらの管にはいるか。  
 41 aの部分は,土の粒と粒の間に入り込んでしっかりとからだを支えるはたらきがある。
また,これによって,根全体の(   )が大きくなり,水や養分をより多く吸収することができる。
 
 42 根のはたらきを2つ述べよ。  
  [茎・根]
   植物の根・茎・葉のつくりとはたらきについて,次の各問いに答えよ。
  
 43 図1はホウセンカとスズメノカタビラのスケッチである。
ホウセンカはA,Bのどちらか。
 
 44 aの根を何というか。  
 45 bの根を何というか。  
 46 cの根を何というか。  
 47 図2はヒマワリの根の断面である。

dは何か。

eは何か。

また,葉で作られた養分の通り道はdeのどちらか。
 
 48  
 49  
 50 図3はホウセンカとトウモロコシの茎の断面図である。
トウモロコシの断面はC,Dのどちらか。
 
 51 fは道管,師管のどちらか。  
 52 gは道管,師管のどちらか。  
 53 hは道管,師管のどちらか。  
 54 iは道管,師管のどちらか。  
 55 図4はツバキとツユクサの葉のスケッチである。
ツバキの葉はE,Fのどちらか。
  
 
 56 葉でつくられたデンプンは,水にとけやすい何に変えられて送られるか。  
  [植物のつくりとはたらき]
   次の図は植物のからだのつくりとはたらきをまとめたものである。
  
 57 Aにあてはまる植物のはたらきは何か。  
 58 Bにあてはまる植物のはたらきは何か。  
 59 Cにあてはまる植物のはたらきは何か。  
 60 Pの気体は何か。  
 61 Qの気体は何か。  
 62 abは,植物のからだの中を通っている管である。
それぞれ何という管か。
 
 63  
 64 Bのはたらきで,葉でつくられたデンプンなどの養分は,葉の中で何につくり変えられてから,成長のさかんなところや果実などに運ばれるか。  
 65 問(64)の物質の方が移動に適している理由は何か。