地学2年(一問一答式)

地学2年(気象観測)  
 No 問題  解答ボタン 
  [気象観測(天気・風・気圧)]
 1 空全体を10としたとき,雲が空をおおっている面積の割合を何というか。
 2 「快晴」は問(1)の割合がいくらからいくらのときか。  
 3 「晴れ」は問(1)の割合がいくらからいくらのときか。  
 4 「くもり」は問(1)の割合がいくらからいくらのときか。  
 5 次のa~dの天気記号はそれぞれ何を意味するか。

  
 
 6  
 7  
 8  
  [気象観測(天気・風・気圧)]
    
 9 図1のBの方位を答えよ。  
 10 図1のGの方位を答えよ。  
 11 図1のMの方位を答えよ。  
 12 北から南へ吹く風の風向は何か。  
 13 図2のようなふき流しを使って,ある日の風向を調べた。
図3はそのときのふき流しのようすを上から見たものである。
このときの風向を答えよ。
 
 14 図4の天気記号の天気を答えよ。ただし,上を北とする。  
 15 図4の天気記号の風向を答えよ。ただし,上を北とする。  
 16 図4の天気記号の風力を答えよ。ただし,上を北とする。  
  [気象観測(天気・風・気圧)]
 17 風向は,次のア,イのどちらか。

 風の吹いていく方向
 風の吹いてくる方向
 
 18 風向を測定する時には風向計や(    )を利用する。  
 19 風の強さを(  )といい,(  )階級で表す。  
 20  
  [気象観測(天気・風・気圧)]
 21 次のア,イ,ウの記号の表す風向と風力を答えよ。

  
 
 22  
 23  
  [気象観測(天気・風・気圧)]
 24 空気の重さによる圧力を何というか。  
 25 問(24)を測定するときには(   )気圧計を使う。  
 26 問(24)の単位のhPaの読み方を書け。  
 27 1気圧は何hPaか。  
 28 等圧線は何hPaごとに引くか。  
 29 いっぱんに,気圧がまわりよりも低くなると,天気は(  )や雨になることが多い。

また,気圧がまわりよりも高くなると,天気は(  )ことが多い。
 
 30  
  [気象観測(湿度と気温)]
     
 31 乾球温度計と湿球温度計では,どちらの温度計の示度が低いか。  
 32 問(31)はなぜか。「」「温度」という語を用いて説明せよ。  
 33 図の乾湿計を使って湿度を調べた。この時の気温は何℃か。  
 34 図の乾湿計を使って湿度を調べた。この時の湿度は何%か。  
  [気象観測(湿度と気温)]
     
 35 乾球温度計と湿球温度計の差が大きいとき,湿球温度計の下部にある水の減り方は多いか,少ないか。  
 36 温度が同じなら,湿度が低いほど示度の差は大きいか,小さいか。  
 37 乾球温度計の示度が15℃,湿球温度計の示度が11℃であった。
このときの気温を求めよ。
 
 38 乾球温度計の示度が15℃,湿球温度計の示度が11℃であった。
表を用いてこのときの湿度を求めよ。
 
 39 気温が13℃,湿度が77%であるときの湿球温度計の示度はいくらか。  
  [気象観測(湿度と気温)]
 40 気温を調べるときには(  )をよくし,温度計の感温部に(  )が当たらないようにする。  
 41  
 42 晴れた日には,気温が上がると湿度は上がるか,下がるか。  
 43 晴れた日は,気温の変化と(   )の変化は逆になる。  
 44 (  )の高い日中は(  )が低く,()の低い朝方は()が高い。  
 45  
  [気象観測(湿度と気温)]
    
 46 晴れた日は,太陽の光によって地面と空気があたためられて気温が上がるが,一般に何時ごろに最高気温になるか。  
 47 1日の最高気温と最低気温の差を日較差という。
晴れの日は日較差が大きいか,小さいか。
 
 48 気温は,図のABのどちらか。  
 49 湿度は,図のABのどちらか。  
 50 12時の気温を答えよ。  
 51 12時の湿度を答えよ。  
 52 この日,水の蒸発がもっともさかんだったのは何時ごろか。  
 53 この日の天気は晴れか,それとも雨(くもり)か。

また,それはグラフのどこから判断できるか。
 
 54  
  [飽和水蒸気量と湿度]
 55 空気1m3中に含むことができる水蒸気の最大量を何というか。  
 56 次のにあてはまる言葉を答えよ。

  
 
 57  
 58 ある温度における飽和水蒸気量が20g/m3であるとする。
湿度が100%であるとき,空気1m3中には何gの水蒸気が含まれているか。
 
 59 ある温度における飽和水蒸気量が20g/m3であるとする。
湿度が60%であるとき,空気1m3中には何gの水蒸気が含まれているか。
 
 60 ある温度における飽和水蒸気量が20g/m3であるとする。
実際に含まれている水蒸気量が10g/m3であるとき,湿度は何パーセントか。
 
 61 ある温度における飽和水蒸気量が20g/m3であるとする。
実際に含まれている水蒸気量が14g/m3であるとき,湿度は何パーセントか。
 
  [湿度を求める実験]
   金属製のコップの中にくみ置きの水を入れ,図のように,息をかけないように注意し,氷水を少しずつ入れて水温を下げていった。
その結果,水温が18℃になったとき,コップの表面がくもりはじめた。
この時の室温は22℃であった。
   
 62 コップの表面にできたくもりは何が何に変化したものか。  
 63 くもりはじめたときの温度を何というか。  
 64 このときの問(63)の温度は何℃か。  
 65 実験をしたとき,部屋の中には何g/m3の水蒸気が含まれていたか。  
 66 この部屋の湿度は約何%か。小数以下を四捨五入して整数で求めよ。  
 67 このときの空気1m3が12℃まで冷やされたときには何gの水蒸気が水滴になるか。  
  [グラフを使った問題]
   図の曲線は気温と飽和水蒸気量との関係を表したものである。
A~Cは異なる空気の状態を示したものである。
  
 68 Aの空気の湿度は約何%になるか。整数で答えよ。  
 69 A~Cのうちもっとも湿度が高い空気はどれか。  
 70 A~Cのうちもっとも湿度が低い空気はどれか。  
 71 Aの空気の露点は約何℃か。整数で答えよ。  
 72 A~Cのうち露点が同じ空気はどれとどれか。  
 73 Aの空気を11℃まで冷やしたとき,空気1m3あたり約何gの水滴ができるか。