地学2年(一問一答式)

地学2年(日本の天気)  
 No 問題  解答ボタン 
  [天気図と天気変化]
   下のA~Cは,3日間連続して午前9時に作成した天気図である。
 
 1 A~Cの天気図を,日付のはやいものから順に並べよ。
 2 問(1)のように答えたのはなぜか。簡単に説明せよ。  
  [天気図と天気変化]
   下の図は,連続した2日間の天気図である。
 
 3 1日目は,ABのどちらか。  
 4 図Aのabでは,どちらのほうが強い風がふいているか。  
 5 全国的に雨が多かったのは,ABのどちらか。  
 6 3日目は全国的にどんな天気と考えられるか。  
  [海陸風]
   下の図は,晴れた日の昼の海岸付近のようすで,A,Bは空気のかたまりを表している。
    
 7 陸と海のうち,あたたまりやすくさめやすいのは,どちらか。  
 8 図のA,Bのうち,気圧が低くなり,上昇気流ができるのはどちらか。  
 9 問(8)の結果,海岸付近では,陸と海のどちらからどちらに向かう風がふくか。  
 10 問(9)の向きにふく風を何というか。  
 11 晴れた日の夜の海岸付近では,問(9)とは逆向きに風がふく。
この風を何というか。
 
  [季節風]
      
 12 上図は,季節によって,日本付近を吹く風の向きを表したものである。
このような季節を通して決まった向きに吹く風のことを何というか。
 
 13 問(12)の風が吹く理由として,①~③に適語を下の[  ]からそれぞれ選べ。

冬は,陸と海では,(  )のほうが気温が低くなるので,陸に(  )気流が発生する。

図2のXとYでは,(  )の向きに風が吹く。

 [ 海 陸 上昇 下降 X Y ]
 
 14  
 15  
  [冬の天気]
   次の図はある季節の特徴的な天気図である。
   
 16 問題文の「ある季節」とはいつか。季節名を答えよ。  
 17 問(16)のように判断した理由を,「気圧配置」という言葉を用いて書け。  
 18 この季節にはある気団から北西の季節風が吹き出す。

この気団の名前,湿度,温度について書け。
 
 19  
 20  
 21 問(18)の気団の湿度について,そう答えた理由を書け。  
 22 問(16)の季節には①日本海側②太平洋側では大きく天気の様子が異なる。
それぞれの特徴を次のア~ウから選べ。

 晴天が続き乾燥する。
 天気が周期的に変化する。
 大量の雪が降る。
 
 23  
  [梅雨~夏の天気]
   下の図は日本のまわりにある気団を表したものである。
    
 24 Aの気団の名前を答えよ。  
 25 Bの気団の名前を答えよ。  
 26 Cの気団の名前を答えよ。  
 27 海上に発生するA,Cに共通する性質は何か。  
 28 6月の天気はくもりや雨などぐずついた天気が多い。
このころできる停滞前線を何というか。
 
 29 問(28)の場合,どの気団が関係しているか。図のA~Cから2つ選べ。  
 30 夏に勢力を強め,日本を広くおおう空気のかたまりはA~Cのどれか。  
 31 夏の終わりにも問(28)と同じような停滞前線ができるが,この前線を何というか。  
  [日本の四季]
 32 春や秋に,日本付近をひんぱんに通過し,天気に影響を与える高気圧は何か。  
 33 台風は日本の南方海上で発生するが,台風に発達する前の段階の低気圧を何というか。  
 34 台風が日本付近で進路を東よりに変えるのは,何という風の影響を受けるためか。  
 35 夏は大陸や日本海を通ることが多かった台風が,秋になると日本の南岸を通るようになるのはなぜか。  
  [日本の四季]
 36 次の図は梅雨期のいずれかの天気図である。
それぞれいつの季節のものか。
  
 
 37  
 38  
 39