理科1年 生物
  1. 残り時間が0になると、自動的に採点します。
  2. 時間内に終了する場合は、一番下の「採点する」のボタンを押してください。
残り時間:
No2 理科(植物) 光合成
問1 (1) 植物の光合成について調べるために,図の実験を行った。
試験管A,Bにそれぞれ呼気を吹き込んでおく。



図の実験で,石灰水がより白くにごったのはA,Bのどちらか。

答え:
A B
(2) 図の実験からわかることは何か。

Aの試験管では二酸化炭素が消費された。
Bの試験管では二酸化炭素が消費された。

答え:
(3) 図のように,AとBを比較して行う実験を何というか。

答え:
問2 アルカリ性にしたBTB溶液に息を吹き込んで中性にした後,Aにはオオカナダモ,Bには何も入れずに,日当たりのよい場所にしばらく置いておいた。



実験で息を吹き込むと,BTB溶液は何色から何色に変化したか。

答え:
赤色から青色
緑色から青色
青色から緑色
問3 (1) 沸騰させ,ラップをかぶせて冷ました水を試験管Aに入れた。
試験管Bにはさました水に呼気を吹き込んだものを入れた。
オオカナダモをA,Bの両方に入れ,すぐにA,Bともにゴムせんをし,日光に十分にあてた。



泡が出ると思われるのはA,Bのどちらか。

答え:
A B
(2) このとき,泡の中の気体は主に何か。気体名を答えよ。

答え:
問4 (1) 若い葉を入れたペットボトルAと空気だけを入れたペットボトルBを用意して,暗いところに一晩おき,下の図のように,ペットボトルA,Bの中の気体を石灰水に通した。



ペットボトルAの中でふえた気体は何か。

答え:
(2) (1)の気体は,若い葉が行った何というはたらきによって出されたものか。

答え:
(3) ペットボトルAの中で,減ったと考えられる気体は何か。

答え:
(4) ペットボトルAを明るい所に置いて同様の実験を行うと,石灰水はどうなるか。

答え:
にごる
透明になる
変化しない