理科1年 化学
  1. 残り時間が0になると、自動的に採点します。
  2. 時間内に終了する場合は、一番下の「採点する」のボタンを押してください。
残り時間:
No3 理科(化学) 水溶液
問1 (1) 一定量の水にとける物質の量は水の何によって変化するか。

答え:
(2) 物質がそれ以上とけることのできない水溶液を何というか。

答え:
(3) 固体の物質を水にとかしたのち,再び固体として取り出すことを何というか。

答え:
問2 (1)

A~Cのうち,20℃の水100gに,もっとも多くとける物質はどれか。

答え:
A B C
(2) A~Cのうち,60℃の水100gに,もっとも多くとける物質はどれか。

答え:
A B C
(3) ビーカーに50℃の水100gがある。
これに,Cを20g入れると何gとけるか。

答え: gとける。
(4) 50℃の水100gにBを20gとかした水溶液は飽和水溶液といえるか。

答え:
いえる いえない
(5) 60℃の水100gに,物質Aをとかし飽和水溶液をつくった。
物質Aは何g 必要か。

答え: g
(6) 問2(5)でつくった飽和水溶液を20℃までゆっくりと冷やすと,水溶液中に固体の粒ができた。
何gのAが固体として出てくると考えられるか。

答え: g
(7) 問2(6)のように物質をいったん水にとかし,再び物質をとりだす操作を何というか。漢字で書け。

答え: