理科2年 化学
  1. 残り時間が0になると、自動的に採点します。
  2. 時間内に終了する場合は、一番下の「採点する」のボタンを押してください。
残り時間:
No1 理科(化学) 分解
問1 (1) 図のような装置で炭酸水素ナトリウムを加熱した。
この実験で炭酸水素ナトリウムを加熱すると,次のように,3種類の物質ができた。

炭酸水素ナトリウム → 固体+液体+気体



試験管Aの内側にたまった液体に( ① )色の塩化コバルト紙を近づけると( ② )色に変わった。
の色を次から選べ。

答え:
(2) 試験管Aの内側にたまった液体に( ① )色の塩化コバルト紙を近づけると( ② )色に変わった。
の色を次から選べ。

答え:
(3) (1)と(2)の結果から,試験管Aの内側にたまった液体は何とわかるか。

答え:
(4) 加熱前の炭酸水素ナトリウム(a)と,加熱終了後に試験管に残った白い固体(b)のそれぞれを水にとかした。
それぞれにフェノールフタレイン溶液を加えたときに,片方は色の変化があざやかで,もう片方はあまり変化がみられなかった。
あざやかな色に変化したのは,a,b のどちらか。

答え:
a b
(5) あざやかな色の変化は何色に変化したのか。

答え:
(6) あざやかな色に変化した水溶液の性質は何性か。

答え:
(7) 加熱終了後の白い固体(b)は何か。物質名を答えよ。

答え:
(8) この実験のように,1つの物質が2つ以上の物質に分かれる変化を何というか。

答え:
問2 (1) 炭酸水素ナトリウムを加熱するときに発生する気体の性質について述べた文としてもっとも適当なものを次のア~エの中から選び,記号で答えよ。

 この気体を水にとかして,赤色リトマス紙を入れると,青色に変化する。

 この気体の入った試験管の中に石灰水を入れてふると,白くにごる。

 この気体の入った試験管の口にマッチの炎を近づけると,ポンという音を立てて燃える。

 この気体の中で線香を燃やすと,激しく燃える。

答え:
(2) (1)の気体と同じ気体を発生させるには,うすい塩酸に何を加えたらよいか。
次の中から最も適当なものを選べ。

答え:
マグネシウムリボン
石灰石
亜鉛板
炭素棒