理科2年 化学
  1. 残り時間が0になると、自動的に採点します。
  2. 時間内に終了する場合は、一番下の「採点する」のボタンを押してください。
残り時間:
No2 理科(化学) 化学変化と質量
問1 (1) 下図のようにうすい硫酸に塩化バリウムを入れて反応させた。



白い沈殿ができるが,この白い物質は何か。

答え:
(2) (1)の2つの水溶液を混ぜる前と混ぜた後では,全体の質量はどうなっているか。

答え:
増える 減少する 変わらない
問2 (1) 下の図のように,粉末銅をステンレス皿に入れ,空気中でガスバーナーを使って十分に加熱した。

 

加熱後にできた物質の物質名を書きなさい。

答え:
(2) 銅8.0gを加熱し酸素と完全に反応させたときの加熱後の物質の質量はどれだけか。(小数点1位まで)

答え: g
(3) 銅を5.0g加熱したとき完全に反応しなかったため反応後の質量は6.1gになった。
反応せずに残った銅は何gか。(小数点1位まで)

答え: g
(4) 原子がきまった質量をもつ粒であると考えた科学者はだれか。

答え:
問3 (1) 1.0gの粉末の銅を入れたステンレス皿をガスバーナーで加熱し,じゅうぶんに冷えてから質量を調べた。
その後ふたたびガスバーナーで加熱し,冷やして質量をはかる操作をくり返した。

1回目の加熱の後,質量をはかったら1.18gになっていた。
これは銅と空気中の何が結びついたからですか。

答え:
(2) (1)で,銅に結びついた空気中の物質の質量は何gですか。
(小数点2位まで)

答え: g
(3) 加熱後の銅の粉末は黒っぽくなっていた。
これは何という物質ですか。

答え:
(4) 加熱して質量をはかるという操作を何度もくり返すと質量は大きくなり続けますか,
それともある量から変化しなくなりますか。

答え:
質量は大きくなり続ける ある量から変化しなくなる