理科2年 化学
  1. 残り時間が0になると、自動的に採点します。
  2. 時間内に終了する場合は、一番下の「採点する」のボタンを押してください。
残り時間:
No3 理科(化学) 化学変化と質量
問1 (1) グラフは,マグネシウムを熱して,完全に酸化マグネシウムに変化させたときのマグネシウムの質量と化合した酸素の質量との関係を表したものである。



マグネシウムを熱したときの変化のようすを,次から選びなさい。

 激しく発熱し,黒い物質になる

 強い光を出し,黒い物質になる

 強い光を出し,白い物質になる

 激しく発熱し,すべて気体になる

答え:
(2) マグネシウム1.8gを完全に反応させたとき生じる酸化マグネシウムは何gか。
(小数点1位まで)

答え: g
(3) マグネシウム原子12個と化合する酸素分子は何個か。

答え:
問2 (1) 下の図は,2種類の金属の質量と,それぞれの酸化物の質量との関係を示したものです。



銅0.4gを完全に酸素と化合させると,何gの酸素と化合しますか。
(小数点1位まで)

答え: g
(2) 酸化マグネシウム0.5gに含まれる酸素の質量は何gですか。
(小数点1位まで)

答え: g
(3) 酸化マグネシウムの化学式はMgOである。マグネシウム原子1個の質量は,酸素原子1個の質量の何倍ですか。(小数点1位まで)

答え:
問3 マグネシウム3.0gを十分に加熱したところ,反応後の物質の質量は5.0 gになっていた。
同じ種類のマグネシウムを空気中で十分加熱したところ,3.2gの酸素と結びついていた。
何gのマグネシウムを加熱したのか。(小数点1位まで)

答え: g
問4 (1) 下の図のようにして,それぞれ決められた量のマグネシウムをステンレス皿にとり,金あみをのせて,全体の質量を測定した。
次に,これを空気中で十分に加熱した後,よくさましてから再び質量を測定し,表の結果を得た。





マグネシウムを加熱したときの変化のようすを,次のア~エから選ベ。

 強い光を出し,白い物質になる。

 強い光を出し,黒い物質になる。

 激しく発熱し,黒い物質になる。

 激しく発熱し,すべて気体に変化する。

答え:
(2) マグネシウム2.4gを完全に反応させたとき,生じる酸化マグネシウムは何gか。
(小数点1位まで)

答え: g
(3) マグネシウム原子20個と化合する酸素分子は何個か。

答え: