理科3年 生物
  1. 残り時間が0になると、自動的に採点します。
  2. 時間内に終了する場合は、一番下の「採点する」のボタンを押してください。
残り時間:
No3 理科(生物) 遺伝
問1 (1) 下図のように,エンドウを使ってかけあわせを行い,できた種子PやQの形と数を調べた。
表はその結果である。まるい種子をつくる遺伝子をA,しわのある種子をつくる遺伝子をaとする。
これについて,次の問いに答えよ。



19世紀に,エンドウを用いた実験を数年間行い,「遺伝のきまり」を発見した学者はだれか。名前を答えよ。

答え:
(2) 上図の種子Pの遺伝子とその数の比はどのように表されるか。
次から記号で選べ。

 AAとaaが1:1

 AAとAaが1:2

 すべてAa

 AAとAaとaaが1:2:1

 Aとaが1:1

答え:
(3) 種子Pに現れたまるい形質を何の形質というか。

答え: の形質
(4) 種子Qに現れたしわの形質を何の形質というか。

答え: の形質
(5) (1)の表で,種子Qに現れたしわの種子の数はどのくらいか。
次から選べ。

答え:
1850個 1620個 2740個 7400個
(6) 種子Qの遺伝子はどのように表されるか。ア~エから選び,記号で答えよ。

 AAとaaが1:1

 AAとAaが1:2

 すべてAa

 AAとAaとaaが1:2:1

 Aとaが1:1

答え:
問2 (1) エンドウの種子には,子葉の色が黄色のものと緑色のものとがある。
黄色のものと緑色のものを親(P)としてかけあわせたところ,子(F1)はすべて黄色のものが現れた。
次にこの子(F1)どうしをかけあわせた結果,孫(F2)には黄色と緑色のものが約3:1の比で現れた。

これについて以下の各問いに答えよ。

どうしをかけあわせて生じた孫(F2)の遺伝子の組み合わせは何種類あるか。

答え: 種類
(2) 孫(F2)の中でアと同じ遺伝子の組み合わせのものは,F2全体の約何%か。

答え:
(3) イとウをかけあわせると,次の代には黄色と緑色がどのような比で現れるか。

黄色:緑色=?

答え:
1:1 2:1 3:1 4:1 5:1
(4) 孫(F2)のエを自家受精させると,次の代には黄色と緑色のものがどのような比で現れるか。

黄色:緑色=?

答え:
1:1 2:1 3:1 4:1 5:1