社会科1年 地理(東北地方)
  1. 残り時間が0になると、自動的に採点します。
  2. 時間内に終了する場合は、一番下の「採点する」のボタンを押してください。
残り時間:
No2 社会科(地理) 東北地方
問1 (1)

東北地方の日本海側には,秋田平野や庄内平野などが広がっており,稲作がさかんである。
その理由を上図から次のように考えた。

(  )にあてはまる語句を書け。

東北地方の日本海側では冬の積雪量が多い。これは,冬には北西の(  )が吹き,東北地方の中央を南北につらぬく( ② )山脈にぶつかるためである。
図のような河川の流量の特徴がみられる河川が東北地方に多いことから,( ③ )と考えた。

答え:
(2)

(  )にあてはまる語句を書け。

東北地方の日本海側では冬の積雪量が多い。これは,冬には北西の( ① )が吹き,
東北地方の中央を南北につらぬく(  )山脈にぶつかるためである。
図のような河川の流量の特徴がみられる河川が東北地方に多いことから,( ③ )と考えた。

答え:
(3)
にあてはまる適切な説明を次のア~エから選べ。

 年間を通して流量に大きな変化がないので,稲作の用水として利用しやすい。

 冬の初めの時期は流量がもっとも少ないが,この時期の水を翌年の稲作に利用している。

 雪どけ水が大量に流れ込む3~4月の時期の流量がもっとも多く,稲作に雪どけ水を役立てられる。

 梅雨の時期は流量が最も多く,稲作の用水を梅雨の雨に頼っている。

答え:
問2 (1)

上の表で示した農産物を次から選べ。

答え:
ぶどう さくらんぼ りんご
(2)
上の表で示した農産物を次から選べ。

答え:
ぶどう さくらんぼ りんご
(3)
の農産物のおもな生産地を,次から選べ。

答え:
平野 雪の多い山間地 扇状地や山の斜面
(4)

の農産物のおもな生産地を,次から選べ。

答え:
平野 雪の多い山間地 扇状地や山の斜面
問3 (1)

上の地図中のAの地域で見られることとして正しいものを次から選べ。

 最上川の下流に位置する庄内平野は,稲作がさかんで水田単作地帯となっている。

 岩木川沿いに開けた津軽平野では,寒くても収穫が安定しているりんごの栽培が稲作より早く広まった。

 最上川の中流に位置する山形盆地では,りんごや西洋なし,さくらんぼなどの果樹栽培がさかんである。

 日本で2番目に広かった湖の八郎潟を干拓し,広大な稲作地とした結果,
  一時は全国1位の米の生産県になった。

答え:
(2)
上の地図中のBの地域で見られることとして正しいものを次から選べ。

 最上川の下流に位置する庄内平野は,稲作がさかんで水田単作地帯となっている。

 岩木川沿いに開けた津軽平野では,寒くても収穫が安定しているりんごの栽培が稲作より早く広まった。

 最上川の中流に位置する山形盆地では,りんごや西洋なし,さくらんぼなどの果樹栽培がさかんである。

 日本で2番目に広かった湖の八郎潟を干拓し,広大な稲作地とした結果,
  一時は全国1位の米の生産県になった。

答え:
(3)
上の地図中のCの地域で見られることとして正しいものを次から選べ。

 最上川の下流に位置する庄内平野は,稲作がさかんで水田単作地帯となっている。

 岩木川沿いに開けた津軽平野では,寒くても収穫が安定しているりんごの栽培が稲作より早く広まった。

 最上川の中流に位置する山形盆地では,りんごや西洋なし,さくらんぼなどの果樹栽培がさかんである。

 日本で2番目に広かった湖の八郎潟を干拓し,広大な稲作地とした結果,
  一時は全国1位の米の生産県になった。

答え: