高校国語(古文活用表)  メニューに戻る

文語動詞活用表 文語助動詞活用表 文語形容詞活用表 文語形容動詞活用表
尊敬語・謙譲語・丁寧語      

古文動詞活用表
動詞(例) 語幹 活用表
未然形 連用形 終止形 連体形 巳然形 命令形
四段 行く
漕ぐ
話す はな
持つ
言ふ
呼ぶ
住む
散る
上一段 着る きる きる きれ きよ
似る にる にる にれ によ
干る ひる ひる ひれ ひよ
見る みる みる みれ みよ
射る いる いる いれ いよ
居る ゐる ゐる ゐれ ゐよ
上二段 起く くる くれ きよ
過ぐ ぐる ぐれ ぎよ
朽つ つる つれ ちよ
閉づ づる づれ ぢよ
恋ふ ふる ふれ ひよ
伸ぶ ぶる ぶれ びよ
恨む うら むる むれ みよ
老ゆ ゆる ゆれ いよ
懲る るる るれ りよ
下一段 蹴る ける ける けれ けよ
下一段 うる うれ えよ
助く たす くる くれ けよ
逃ぐ ぐる ぐれ げよ
失す する すれ せよ
混ず ずる ずれ ぜよ
果つ つる つれ てよ
出づ づる づれ でよ
跳ぬ ぬる ぬれ ねよ
答ふ こた ふる ふれ へよ
述ぶ ぶる ぶれ べよ
求む もと むる むれ めよ
燃ゆ ゆる ゆれ えよ
倒る たふ るる るれ れよ
植う うる うれ ゑよ
カ変 くる くれ こよ
サ変 する すれ せよ
サ変 往ぬ ぬる ぬれ
ラ変 あり


戻る

 

古文助動詞活用表 
          

接続

助動詞の種類

主な意味

未然形

連用形

終止形

連体形

已然形

命令形

活用の型

接続

 

 

 

 

 

 

 

 

     

 

受身

るる

るれ

れよ

 

四・ナ・ラの未然

受身・自発

らる

尊敬

られ

られ

らる

らるる

らるれ

られよ

 

上以外の未然形

可能・尊敬

可能

るる

るれ

 

四・ナ・ラの未然

 

らる

自発

られ

られ

らる

らるる

らるれ

下二段

上以外の未然形

 

使役

する

すれ

せよ

 

四・ナ・ラの未然

使役・尊敬

さす

 

させ

させ

さす

さする

さすれ

させよ

 

上以外の未然形

 

しむ

尊敬

しめ

しめ

しむ

しむる

しむれ

しめよ

 

用言の未然形形

打消

打消

ざら

ざり

ざる

ざれ

ざれ

 

特殊型

 

打消推量

打ち消し推量

()

()

 

 

 

推量・意志・希

()

()

()

四段型

活用語の未然形

推量

むず

望・適当・仮定

むず

むずる

むずれ

サ変型

 

 

まし

反実仮想・推量・ためらいを含んだ意志

ましか

まし

まし

ましか

特殊型

 

願望

まほし

願望

まほしく

まほしから

まほしく

まほしかり

まほし

まほしき

まほしかる

まほしけれ

形容詞型

動詞・助動詞の未然形

 

 

 

 

過去

過去

()

しか

特殊型

連用形

 

けり

過去・詠嘆

(けら)

けり

ける

けれ

ラ変型

 

 

完了・強意・

つる

つれ

てよ

下二段型

 

完了

並列

ぬる

ぬれ

ナ変型

連用形

 

たり

完了・存続

たら

たり

たり

たる

たれ

たれ

ラ変型

 

推量

けむ

過去推量・過去伝聞・過去婉曲

けむ

けむ

けめ

四段型

 

願望

たし

願望

たく

たから

たく

たかり

たし

たき

たけれ

形容詞型

動詞と助動詞の連用形

 

 

 

 

 

べし

推量・意志・

可能・当然・

命令・適当

べく

べから

べく

べかり

 

べし

べき

べかる

べけれ

形容詞型

 

 

 

 

推量

らむ

現在推量・現在伝聞・現在婉曲

らむ

らむ

らめ

四段型

活用語の終止形(ラ変・ラ変型

 

らし

推定

らし

らし

らし

特殊型

の活用語には

 

めり

婉曲・推量

(めり)

めり

める

めれ

ラ変型

連体型につく)

打消推量

まじ

打消の推量・当然・意志・禁止

まじく

(まじから)

まじく

まじかり

まじ

まじき

まじかる

まじけれ

形容詞型

 

伝聞・推定

なり

伝聞・推定

なり

なり

なる

なれ

ラ変型

 

 

 

断定

なり

断定

なら

なり

なり

なる

なれ

(なれ)

形容動詞

体言・連体形

 

たり

 

たら

たり

たり

たる

 

たれ

(たれ)

 

体言

比況

ごとし

比況・例示

ごとく

ごとく

ごとし

ごとき

形容詞型

体言

完了

完了・存続

()

ラ変型

サの未・四の已

■上代の助動詞■

受身・自発

受身・可能・

ゆる

下二段型

四・ナ・ラの未

可能・尊敬

らゆ

自発

らえ

 

「寝」の未然

尊敬

尊敬

四段型

四・サの未然形

反復・継続

反復・継続

 

四段の未然形

 

戻る

古文形容詞活用表
形容詞(例) 語幹 活用表
未然形 連用形 終止形 連体形 巳然形 命令形
ク活用 青し あを けれ
から かり かり かる かれ かれ
シク活用 美し うつく しく しき しけれ
しから しかり しかり しかる しかれ しかれ

戻る

古文形容動詞活用表
形容動詞 語幹 活用表
未然形 連用形 終止形 連体形 巳然形 命令形
ナリ活用 静かなり しづか なら なり なり なる なれ なれ
タリ活用 堂々たり どうだう たら たり たり たる たれ たれ

戻る

 敬語活用表
  
本動詞として用いられる場合 補助動詞として用いられる場合
尊敬語 活用 普通語 意味 活用 意味
ます 四段 ・・ます 四段
まします ・・まします
います サ変 あり・ いらっしゃる ・・います サ変 ~ていらっしゃる
いますがり ラ変 ゐる・ おいでになる ・・いますがり ラ変 ~でおいでになる
みまそがり 行く・
おはす サ変 来(く) ・・おはす サ変
おはします 四段 ・・おはします 四段
おはさふ 四段 ・・おはさふ 四段
おはしまさふ あり・ゐる いらっしゃる ・・おはしまさふ ~ていらっしゃる
おはさうず サ変 ・・おはさうず サ変
たぶ 四段 与ふ・授く くださる ・・たぶ 四段 お~になる
たまふ お与えになる ・・たまふ お~なさる
のたぶ 四段 おっしゃる
のたまふ 言う
のたまはす 下二段
きこす 四段 聞く。言ふ お聞きになる
きこしめす 四段 聞く お聞きになる
めす 四段 食う 召しあがる ・・めす 四段 お~になる
まゐる 飲む お召しになる
たてまつる 着る
御覧ず サ変 見る ご覧になる
みそなはす 四段
遊ばす 四段 なさる ・・遊ばす 四段 お~になる
おもほす 四段 思う
おぼす お思いになる
おぼしめす
大殿ごもる 四段 寝(ぬ) おやすみになる
謙譲語 まゐる 四段 行く 参上する
まうづ 下二段 来(く) 参詣する
まゐらす 与ふ・授く 献上する ・・まゐらす 下二段 ~さしあげる
まかる 四段 退く・去る 退出する
まかづ 下二段
さぶらふ 四段 あり お仕えする
さうらふ をり お控えする
はべり ラ変 仕ふ
まつる 四段 仕ふ お仕えする
つかまつる
たてまつる 四段 与ふ 献上する
たまはる 四段 受く いただく
うけたまはる
・・たまふ 下二段 ~させていただきます
まうす 四段 言ふ 申し上げる ・・まうす 四段
まうさす 下二段 お~申し上げる
きこゆ 下二段 ・・きこゆ 下二段 お~する
きこえさす ・・きこえさす お~いたす
いたす 四段 いたします
いただく 四段 もらふ いただく
存ず サ変 知る・思ふ 存じます
丁寧語 さぶらふ 四段 あり・をり あります ・・さぶらふ 四段
さうらふ おります ・・さうらふ ~ます
はべり ラ変 ございます ・・はべり ラ変 ~ございます

戻る