現代国語(文法)

品詞分類表 動詞活用表 形容詞活用表  形容動詞活用表 
 助動詞活用表 助詞活用表 

 

戻る

      動詞活用表  
        
活用の種類 基本形 活用形 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
続き方 -ない -ます・-た(だ) -。 -とき -ば -。
語幹 -う・-よう -て(で) -ので
五段活用 買う -わ -い -う -う -え -え
-お -っ
上一段活用 生きる -き -き -きる -きる -きれ -きろ
-きよ
下一段活用 食べる -べ -べ -べる -べれ -べれ -べろ
-べよ
カ行変格活用 来る くる くる くれ こい
サ行変格活用 する する する すれ しろ
せよ

戻る

       形容詞活用表
       
基本形 活用形 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
続き方 -う -た・-ない -。 -とき -ば -。
語幹 -なる・-ございます -ので
軽い かる -かろ -かっ・-く -い -い -けれ
-う
美しい うつくし -かろ -かっ・-く -い -い -けれ
-ゅう

戻る

       形容動詞活用表
       
基本形 活用形 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
続き方 -う -た・-ない -。 -とき -ば -。
語幹 -なる・-ございます -ので
静かだ しずか -だろ -だっ・-で -だ -な -なら
-に
丁寧です ていねい -でしょ -でし -です (-です)

戻る

   助動詞活用表
   
活用の種類 基本形 活用形 意味
未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
動詞(下一段)型 せる せる せる せれ せろ 使役
せよ
させる させ させ させる させる させれ させろ 使役
させよ
れる れる れる れれ れろ 受け身・可能
れよ 自発・尊敬
られる られ られ られる られる られれ られろ 受け身・可能
られよ 自発・尊敬
形容詞型 ない なかろ なかっ ない ない なけれ 打ち消し
なく
たい たかろ たかっ たい たい たけれ 希望
たく
らしい らしかっ らしい らしい らしけれ 推定
らしく
形容動詞型 そうだ そうだろ そうだっ そうだ そうな そうなら 様態
そうで
そうに
そうだ そうで そうだ 伝聞
ようだ ようだろ ようだっ ようだ ような ようなら 推定
ようで たとえ
ように 例示
だろ だっ (な) なら 断定
特殊型 ます ませ(-ん) まし ます ます ますれ まし 丁寧
ましょ ませ
です でしょ でし です (です) 丁寧な断定
たろ たら 過去・完了
存続・確認
ぬ(ん) ず(-に) ぬ(ん) ぬ(ん) 打ち消し
(う) 意志・推量・勧誘
よう よう (よう)
まい まい (まい) 打ち消しの意志
打ち消しの推量
動詞型 たがる たがら たがり たがる たがる たがれ 希望
たがっ (主に第三者)

戻る

助詞活用表  
  
格助詞
働き 用例
主語 ほえる。
対象 飲み物欲しい。
連体修飾語 友だちが来る。
部分の主語 うぐいす鳴く季節になった。
形式名詞の「こと」と同じ意味 泳ぐが好きだ。
対象 部屋きれいにする。
動作の場所 砂浜歩く。
起点 学校出る。
場所 田舎住む。
時間 七時出かける。
結果 医者なる。
帰着点 ゴール着く。
目的 あいさつ行く。
受け身の相手 かまれる。
並立 野菜果物。
手段 書く。
場所 勉強する。
材料 ねん土作る。
原因・理由 頭痛苦しむ。
から 起点 から始める。
原因・理由 安心から気をゆるめる
材料 ぶどうからワインを作る。
相手 からの便り
相手 山口君遊ぶ。
結果 雨が雪なる。
引用 「もうよそう」言った。
並立 国語英語が得意だ。
方向 遠く行く。
帰着点 山頂着く。
相手 友だち荷物を渡す。
並立 黄色の花
より 比較の基準 より山へ行きたい。
限定 今日中にすませるより方法がない。
 
接続助詞
働き 用例
仮定の順接 行きたけれ、行くがいい。
一般条件の順接 冬になれ雪が降る。
並立 紅茶もあれ、コーヒーもある。
仮定の順接 雨が降る、運動会が中止になる。
一般条件の順接 春になる、桜が咲く。
仮定の逆接 いくら反対されよう、やり遂げる。
確定の順接 種をまく芽が出る。
ても 仮定の逆接 遅くなっても、やり遂げる。
(でも) 確定の逆接 いくら読んでも、分からない。
けれど 確定の逆接 一生懸命走ったけれど(も)、間に合わなかった。
(けれども) 並立・対比 遊びもするけれど(も)、勉強もする。
確定の逆接 一生懸命走った、間に合わなかった。
並立・対比 遊びもする、勉強もする。
のに 確定の逆接 体調が悪いのに、出かけなければならない。
ので 原因・理由 何も話したくなかったので、黙っていた。
から 原因・理由 君に会いたかったから、会いに来た。
並立 英語も話す、フランス語も話す。
単なる接続 朝になっ、目が覚めた。
て(で) 原因・理由 雨がひどく、歩きずらかった。
ながら 同時の動作 電話をしながら、書類に目を通す。
逆接 いけないと分かっていながら、やめられない。
たり 並立 笑ったり、怒ったりする。
つつ 逆接 悪いと思いつつ、欠席した。
同時の動作 歩きつつ考える。
なり ある動作の直後に次の動作が行われる。 知らせを聞くなり、飛び上がって喜んだ。
ものの 逆接 考えたものの、結論は出なかった。
 
副助詞
働き 用例
他と区別し、限定して言うのに用いる これ私が書いたものだ。
付け加え もう一つのこと話そう。
並立 好きだ。
強調 五時間勉強した。
ほかを類推 サッカーできる。
こそ 強調 来年こそがんばろう。
さえ ほかを類推 話すことさえできない。
限定 一杯の水さえあればよい。
付け加え 大雨が降り、雷さえ鳴り出した。
でも ほかを類推 小学生でもできる。
大まかに取り上げる 食事でもしよう。
しか 限定 山本さんにしかできない。
まで 帰着点 東京まで出かけた。
限度 二十日まで待ってみる。
付け加え 熱がある上に、お腹まで痛くなってきた。
ばかり 程度 開会は十分ばかり遅れた。
限定 彼は本ばかり読んでいる。
事態の直後を示す 今、帰ってきたばかりです。
だけ 程度 私一人だけでじゅうぶんだ。
限定 親友だけに話す。
きり 限定 一人きりで考えてみる。
ほど 程度 三人ほど遅れてやって来た。
比較の基準 昨日ほど暑くなない。
くらい 程度 一時間くらい眠る。
(ぐらい) 軽い扱い 自分の部屋ぐらい整理している。
など 例示 茶碗や箸などを買う。
なり 例示 映画になり行ってこよう。
やら 不確か どこへやら出かけたらしい。
並立 遊ぶやらアルバイトするやらでいそがしい。
不確か だれ立候補する人はいませんか。
どれか一つを選択 パンご飯を食べる。
とか 例示 好きとか嫌いとか、はっきりしない。
ずつ 割り当て 五個ずつ平等に分ける。
 
終助詞
働き 用例
語調を整える どうだ
かい 質問 よく分かったかい
疑問 彼は来るだろう
質問 出身はどちらです
反語 私にできるだろう
勧誘 お茶でも飲みません
かしら 疑問 先生はお元気かしら
願望 明日、晴れないかしら
軽い主張 僕は水泳が大好き
念を押す きっと来るんだ
自分に言い聞かせる 絶対に、やり遂げる
とも うけあい・断言 行きますとも
禁止・命令 乱暴に扱う
感動 素晴らしい家だなあ
なあ 願望 遠くへ行きたいなあ)。
感動 あなたはこんなこともできるの
(ねえ) 依頼 また、教えて
質問 この件はどうなる
念を押す もうやめよう
呼びかけ 次郎、こっちへいらっしゃい。
感動 君のやり方はすばらしい
軽い主張 彼が間違えたんだ
依頼 私にやらせて
勧誘 ねえ、行きましょう
命令 少し考えろ
感動 まあ、すてきだ

戻る